島田紳助引退 芸能人がコメント

沈黙が続いていた芸能界でも少しづつコメントが寄せられ始めました。

島田紳助さんが23日に会見を行い引退を発表。
会見直後はしばらく沈黙していた芸能人達も少しずつ感謝や引退を惜しむ気持ちを述べています。

ヘキサゴンメンバーである矢口真里さん

「まだ恩返しできていません。たくさん助けてもらったし、あきらめていたソロデビューに
手を差し伸べてくれたのも紳助さんでした。感動の涙を流せたのも、紳助さんのおかげです。感謝してもしきれない」

木下優樹菜さん
「突然のこと過ぎて、昨日の今日でびっくりしていて。お世話になったので、言葉に表せない。
気持ちの整理がついていない。(Q紳助さんに何と声をかけたいか)軽はずみなことを言いたくないので、時間をおいて、整理をつけてから言いたい」

辻希美さん
「正直、信じられません…。紳助さんにはヘキサゴンをはじめ、その他の番組でもたくさんお世話になりました。
困ったときは相談にのってくれて、励ましてくれて…。本当にいつも優しく助けてくださった紳助さん…。
私にとって、本当に憧れの存在です。それは、今も、そしてこれから先も、ずっとかわりません」

などなどのコメント。当然かもしれませんが(こういうしかないのかも)感謝している人がほとんどですね。

お笑いコンビ「サンドウィッチマン」伊達みきおさん
「僕らにとって、島田紳助さんは『恩人』の一人です。サンドウィッチマンを世の中に大きく出してくれたのは『M-1グランプリ』。
紳助さんが創設した漫才の大会。今、心から感謝しています」

共通しているのが、恩人、相談相手、お世話になった、感謝
芸能界ではとても面倒見のいい人だったんでしょうね。

頭の回転の速い、器用な人だと思うのできっとまた違う分野で活躍するような気もします。

  

この記事を読んでいる人は以下の記事も読んでいます

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2011年8月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:島田紳助引退

このページの先頭へ